駐車場と聞くと平面駐車場を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、立体駐車場と呼ばれるものがあります。この立体駐車場を経営しようと考える人が多いですが、それはメリットが大きいからと言えます。立体駐車場経営にはどのようなメリットがあるのかというと、その一つに狭いスペースでも駐車台数が増やせることが挙げられます。平面駐車場の場合には広い土地が必要になりますが、それとは異なり縦方向にスペースを活用することができるのが一番の強みと言えるでしょう。

自走式でも十分に駐車台数を増やすことは可能ですが、機械式となると車が通る道を確保する必要もなく、すべてを駐車スペースとして利用することができます。二つ目のメリットは防犯性能が高いことです。大型商業施設などの場合には、多くの人が集まるので、駐車場経営を行うにあたり防犯性の高さが求められることになるでしょう。基本的に駐車場は無人である為、安全面に対しては不安です。

防犯カメラの設置をしたとしても完全に防ぐことはできません。しかし機械式立体駐車場の場合には、車が機械の中に収。ことから、防犯性能は高く、安心して利用することにつながります。さらには利回りが上がりやすいこともメリットのひとつに挙げられます。

どんなに立地が良い場所であっても平面の場合には利回りの上限は低くなってしまうことでしょう。反対に立体駐車場の場合には、同じ土地でも活用する幅が広がるため駐車台数も多く、利回りは上がりやすい傾向にあります。