中古車を購入する前には、希望車種を決めた後で重要になる諸々の契約手続きと諸費用について学んでおく必要があります。中古車の場合は、商談の際に仮の見積書を作成してもらう事が基本となりますが、その際には見積書の内容を詳しく検証する事が求められます。この見積書には、新たな中古車を購入する際に支払いが必要となる各種の税金が記載されてるので、購入の際には車両価格に加え、どの程度の税金の支払いが必要になるのかを事前に明確にしなければなりません。また、中古車購入のタイミングによっては、納車の前に車検が必要になるケースも多々あるために、見積により車検の必要性も確認する必要があります。

そして、車両によっては、次の車検までの期間がどの程度あるのかを把握しておく事も必要とされ、車検の期日が迫っている場合には、資金的な余裕もなるために、この費用も予算の一部として組み込んでおく事が重要です。また、この見積もりの段階では、新たに購入予定の中古車に付帯する保証内容も確認しておく事がポイントです。これは業者の営業職の方との口約束ではなく、契約段階で書面にして保存しておくべきものです。この書面での約束であれば、万が一購入後に不具合が生じた場合でも、その契約時の保証内容に応じて適切に対応してもらう事ができます。

そのため、中古の車の購入でトラブルを回避するためにも、これらの契約と見積もりの段階での要点を学んでおく事が求められます。