立体駐車場にするとどんなメリットがあるのか知っていますか。屋根のない駐車場だと、風雨をそのまま受ける事になります。風雨をそのまま受けて、車へのダメージは少なからずあります。立体駐車場なら屋内になるので、車へのダメージは最小限に抑えられます。

また平場と違って上にスペースをつくっていくので、同じ台数の車を駐車する際にも狭い土地で済むのです。東京のように土地の価格が高いところでは、安くつくる事ができる駐車場は大きなメリットがあります。安くつくる事ができた分、駐車場代に還元される可能性も高いです。あとは屋内なので、セキュリティ面でも安心です。

屋外駐車場はいたずらをされる可能性もありますし、セキュリティが甘いと盗難の恐れもあります。室内で立体保管されている車は、盗んだりいたずらするのは困難ですよね。立体駐車場が求められる場面とは、一体どんな所でしょうか。初期投資が高くメンテナンス費用もかかる駐車場なので、全て埋まる事が前提になります。

地方のようにあまり人口が多くない場所に設置しても、稼働率が低くなってしまう可能性があります。都心の一等地のような場所で住む場所や遊ぶ場所として最高の条件で、マンション住まいが多い地域は狙い目です。つまり人が非常に多いのですが、それに見合った数の駐車場が用意されていない所ですね。こういった所であれば出来るだけ安い駐車場で家から近いという大きなメリットがあれば、利用者人気は高まると思います。